ロットサイズ最適化システムOptLot

ロットサイズ最適化システム OptLot (パンフレット)

概要

ロットサイズ決定は,段取り替えの費用や時間をもつ生産における重要な意思決定項目です.多くの生産現場では,ロットサイズ決定を適当なルールによって行っています.そのため,無駄な段取りを行ったり,過剰在庫を生じたりしています.OptLotを用いて,段取り替えの費用と在庫費用のトレード・オフを最適化することによって,山勘によるスケジュールの大幅な改善を行うことができます.

モデル

OptLotの基礎になるロットサイズ決定問題とは,複数の品目の最適な生産順序,生産量を決定するモデルです.ロットサイズ決定問題には色々な解釈が可能です.従来のMRP (Material Requirement Planning) では近似的に扱っていた各工程別の資源制約を厳密に満たした生産スケジュールを求める問題と捉えたり,APS (Advanced Planning and Scheduling) では適当なルールによって決められていたロットサイズを最適に決定する問題と捉えることができます.また,OptLotは S & OP (Sales and Operations Planning)を設計する際の中核になるシステムです.OptLotに需要予測や安全在庫を加味することによって,通常のS&OPに最適化の概念を加えたシステムが構築できます.

ロットサイズ最適化システム OptLot Demo