サービスネットワーク最適化

サービスネットワーク最適化システム SENDO (SErvice Network Design Optimizer) (パンフレット

 

概要

サービスネットワークとは,多対多の需要をもつネットワークで,宅配便や郵便の長距離便運行計画で使われます.需要の発生点(発地)から集中点(着地)までの経路(パス)を決めると同時に,地点間を移動する輸送手段(主にトラック)の種類と台数を決めます.また途中で集約した同じ着地点をもつ荷物は,同じ経路を辿らなければならないという制約(入木制約)も付加されます.このような複雑なネットワーク設計問題を解くために,SENDOでは最新の数理最適化手法を用い,現実規模の問題を解決します.なお,SENDOという名前は,船頭や先導を意味し,山勘による輸送をより良いものに導くことを表します.SENDOによって長距離輸送のための費用(これは1日数億円にあがる企業もあります)の20-30%の費用削減が可能になります.

モデル

開発されたモデルとアルゴリズムについては,開発サイトをご参照下さい.

サービスネットワーク最適化システム SENDO Demo