ロジスティックネットワーク設計

ロジスティックネットワーク設計システム MELOS (MEta Logistic Optimization System)

概要

MELOS の第一の目標は,サプライ・チェイン全体を通したストラテジック(戦略的)な意思決定を包括的に支援することです.ストラテジックレベルの意思決定には,どこから原材料(もしくは部品)を調達するか,どの工場のどの生産ラインで生産するか,どの地点からどの地点にどのような輸送手段(モード)で輸送を行うか,どのような生産方式で生産を行うか,どこに工場もしくは倉庫を新設するか(もしくは移転するか,閉鎖するか)などがあります.これらの意思決定を,1年以上,数年から数十年のスパンで計画するるのが,ストラテジックレベルの意思決定です.

通常の離散最適化を用いて最適な施設配置と生産工場ならびに輸送ネットワークを計算するMELOSと,施設の候補地点を探索するMELOS-GF (Green Field)が準備されています.


MELOS の第二の目標は,サプライ・チェイン全体(もしくは一部)に対するタクティカル(戦術的)な意思決定を支援することです.タクティカルレベルの意思決定には,いつ,どこから原材料(もしくは部品)を調達するか,いつ,どの工場のどの生産ラインで,どれだけ生産するか,いつ,どの地点からどの地点にどのような輸送手段(モード)で輸送を行うか,短期的に賃貸が可能な施設をどのようなタイミングで利用するか,
などがあります.これらの意思決定を,数ヶ月から数年のスパンで計画するのがタクティカルレベルの意思決定です.

モデルやアルゴリズムについての詳細は,開発サイトをご参照下さい.

MELOS Demo

MELOS-GF (Green Field) Demo