METROツアー9

ホーム 上へ ソフトウェア WEBアプリケーション テクニカルドキュメント ダウンロード コンサルティング リンク 出版物 ビデオ 連絡先 人材募集

Step 9: 

What If分析 1
Step 7 で示したルートは,配送センターを出て最初に訪問した顧客上での待ち時間が発生していたので,「配送センターを出る時刻(発時刻)を変えたらどうなるか?」というWhat If分析をしてみます.各トラックの発時刻を午前8時0分から午前11時0分に変更して,再びルートの構築と改善をすると,以下のガントチャートに示されるルートが得られます.

wpe3.jpg (91283 バイト)

  このルートの総費用は48万6259円で約5万4千円の費用増加をもたらし,さらに必要なトラックの台数が1台増えて 15 台になっています.さらに,「稼働時間の上限を短くしたらどうなるか?」というWhat If分析をしてみましょう.稼働時間の上限を800分から600分に変えてみると,以下のガントチャートに示されるルートが得られます.

wpe5.jpg (92567 バイト)

このルートの総費用は51万1600円で,必要なトラックの数は17台になります.どのルートを採用するかは意思決定者の判断に委ねられます.費用とトラック台数の削減を優先するなら,Step 7で得られたもとのルートを採用するでしょうし,待ち時間と稼働時間の減少を優先するなら,上で得られたルートを採用するかもしれません.

前へ 次へ